バルセロナ留学中にSIMカード&スマートフォンを購入

バルセロナ留学中のスマートフォン使用

バルセロナ留学に必須のスマートフォン。

スペインでも日本のLINEのようなチャットサービスWhatsapp(ワッツアップ)を利用し、普通の通話よりアプリを使って連絡を取ることが殆どです。ネット環境さえがあれば、無料通話はいくらでも可能ですが、どこでもWIFIがあるわけではありません。

バルセロナは日本に比べるとWIFIスポットは多めですが、長期の滞在ならば日本からポケットWIFIを持っていくよりもスペインでSIMカードを入手した方が格安です。ポケットWIFIはどちらかというとバルセロナ滞在は短期で、到着後すぐにネット接続したい人向きです。

日本のスマートフォンがSIMフリーの場合はそのまま端末を持って来てスペインで新しいSIMカードを購入。
日本で使っているスマートフォンがSIMフリーでない場合は、スペインでSIMカードと安いスマートフォンを購入しても良いかも。スマフォがあると現地で出来た友達とのやり取りやGoogle Mapの利用などにとても便利です。

日本のスマートフォンがすでにSIMフリーの場合

SIMフリーのスマートフォンがある場合は、スペイン到着後にMovistar(モビスター)、Vodafone(ボーダフォン)、Orange(オランジ)などの携帯ショップでSIMカードを購入し、SIMを入れればOK。

スペイン語で、SIMカードはTarjeta SIM(タルヘタ・シム)、プリペイドSIMカードはTarjeta SIM de prepago(タルヘタ・シム・デ・プレパゴ)、SIMフリーはLibre(リブレ)と言います。

長期留学の方はプリペイドではなく月々お得なプランに加入しても良いかもしれませんが、銀行口座から引き落としとなるので契約の際はパスポート、銀行口座番号、あればTarjeta de Estudianteを持参すること。

短期留学の場合は、プリペイドのSIMカードで十分です。カード購入にはパスポートのみ必要でどのキャリアでも値段は10~20ユーロ前後になります。料金はデータ通信料や無料通話時間に左右されます。

学校の宿泊先や語学学校内はWIFIはあるので取り敢えず一番安い物を購入して様子を見ましょう!

スマートフォンとSIMカードをスペインで購入

日本のスマートフォンがSIMフリーではなく、ブロックがかかっている。SIMフリーではない、あるいはSIMロック解除の手続きをしないでスペインに来た場合は、スペイン到着後にスマートフォンを購入するのも良いでしょう。

WIFIのない場所で、Whatsapp、Facebook、LINEの使用、ちょっとした調べものやGoogleマップをたまにチェックする程度であれば、150ユーロ程度の安いスマートフォンでよいと思います。Movistar(モビスター)、Vodafone(ボーダフォン)、Orange(オランジ)などの店頭に出向き、今ある一番安い携帯電話(スマートフォン)が欲しいと伝えれば在庫を見せてもらえます。

スペインで購入できる格安スマートフォンには日本語設定はありませんが、日本語のアプリをダウンロードすれば日本語入力は可能です。

SIMカード購入後の初期設定

スマートフォンに新しく購入したSIMカードを挿入し、電源を入れて4桁のピンナンバーを入力すればそのまま使用できます。心配な方は、スマートフォンやSIMカードを購入したお店で、SIMカード挿入からPINナンバー入力までお願いするとやってくれるところもあります。

SIMカードとペアになっているPUKナンバーは、PINナンバーの入力を複数回間違えてブロックがかかった場合の解除に必要です。大切に保管しましょう。

おススメの携帯ショップ

どこのショップも値段にはさほど変わりはありません。

小さなショップよりも、大きなショップでバルセロナの中心部、つまり外国人観光客が多いような場所のショップ店員は英語も通じ、外国人の対応にも慣れています。スペイン語が苦手で不安な方は大きめのバルセロナ中心部にある店舗を探してみると良いでしょう。

オンラインのみのショップは安いプランがありますがオンライン注文が必要で、何かトラブルがあった時もすぐに対応は難しいです。なるべく街中に店舗がある携帯会社(電話会社)を選びましょう。

関連記事一覧