郵送NG!留学の持ち物は手荷物あるいは現地調達

日本からの荷物は関税の対象

スペインへ長期留学する時に気になるのが荷物をどうやって現地に運ぶか。

通常フライトの預け入れ荷物はスーツケース1つか2つ+パソコンや貴重品の手荷物となります。でもこんな少しでは持っていきたいものが全部入らない! という方もいると思います。

でも郵送はちょっと待って!

日本からスペインに荷物を郵送すると、最近はかなりの確率で税関で止められ関税をかけられます。内容物を贈答品や古着にしても、関税がかかる恐れがあるので、機内預け入れのスーツケースが2つの航空会社を選ぶか1つ分は追加料金を払って持ってくるのが一番安全です。

バルセロナは都会ですので大抵の日本食も手に入ります。足りないものは現地調達が無難です。

実際に関税をかけられた日本人の声

スペイン在住日本人そしてスペインへの旅行者が頼りにしている掲示板「スペイン探偵局」では、日本から発送した荷物がスペインの税関で止められ関税をかけられる…という話が何度もトピックに上がっています。

上記のリンクを読むとわかりますが、関税を支払うには、NIE(留学生の場合はTarjeta de EstudianteのID番号)の取得が必要です。NIEがない方は、周りのスペイン人にヘルプを頼むしかないようです。

また、関税の手続きはすぐには終わらず、日本から荷物を発送して受け取ったのは4か月後…などというケースも多々あります。

なるべく、機内預け入れ荷物を増やす+現地調達で乗り切りましょう。留学終了時にスペインから日本に荷物を発送する場合は、古着などの場合は特に問題はないようです。

「バルセロナ・スペイン留学」では、留学生活スタート後にバルセロナに関する質問などは受け付けていますが、荷物は送らないようにと初めからアドバイスしています。よって、税関で荷物が止められた際の手続きに関してはお手伝いはしていません。

当サイトが提供する無料サービス&サポートはこちらから

Facebookのオフィシャルページでは、サイトに掲載されない生のバルセロナ・スペイン情報や写真を随時UPしています。

Twitter「バルセロナ・スペイン留学」はこちらから

スペイン留学についてのお問い合せ

関連記事

盛 千夏

盛 千夏

このサイトについて

スペイン在住15年のスペイン留学専門エージェント。
バレンシア語学留学中にバルセロナで仕事を見つけ労働許可を取得。日本の製薬会社がクライアントの医療系出版社でプロダクトマネージャーとして4年勤務後、古巣バレンシアに復帰。
高級和食店のホールマネージャー、スペイン人向け英語学校の秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て留学エージェントとして独立。
スペインで自営業として奮闘しつつ、趣味の食べ歩きには手を抜かない毎日。家族はIT技術者のスペイン人夫と猫3匹。

入学手続き代行&留学サポート無料!

留学コーディネーター 盛 千夏留学コーディネーター 盛 千夏(モリ チナツ)

  • 入学手続き代行
  • 学校・コース・宿泊施設選択のアドバイス
  • 見積もり作成
  • バレンシアの日常生活情報提供
  • 学生ビザなど各種手続きのお手伝い
  • 留学前から語学学校終了終了までのメールカウンセリング
無料サポートについてはこちらをクリック!

Pickup post

  1. スペイン留学手続きの流れ(ビザなし)

バレンシア留学を無料でサポート!

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%95%99%e5%ad%a6%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

留学お役立ち情報

  1. スペイン留学手続きの流れ(ビザなし)
Return Top